近代史に興味を持ったことから、戦前と戦後の連続性に気づきました。歴史は繰り返す。教育基本法は不当に奪われましたが、決してあきらめません!


by Aayumi23
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:教育基本法( 9 )

イブキ文科大臣の発言について報道以上に恐ろしい内容かもしれないので記しておきます。

asahi.comより
引用開始

 伊吹文部科学相は22日の参院教育基本法特別委員会で、政府の教育基本法改正案が、教育は「不当な支配」に服することはないと規定していることについて「国会で決められた法律と違うことを、特定のグループ、団体が行う場合を『不当な支配』と言っている」と語った。一方、法律や政令、大臣告示などは「国民の意思として決められた」ことから、「不当な支配」にあたることはないとの考えを強調した。

 現行の教育基本法は「教育は、不当な支配に服することなく」と規定。政府の改正案も、この表現を踏襲しつつ、「法律の定めるところにより、行われるべきだ」との規定が追加された。

 これまで教職員組合などは「不当な支配」の規定を、教育行政による教育現場への「介入」を阻止する「盾」と位置づけてきた。また、9月の東京地裁判決では、国の学習指導要領に基づき国旗掲揚・国歌斉唱などを強要する都教委の通達や処分が「不当な支配」にあたると判断された。

引用終わり

私は今日になって、例によって参議院インターネット審議中継で審議の模様を見た。

それによると、上記の記事では「不当な支配」とは「国会で決められた法律と違うことを、特定のグループ、団体が行う場合」だとイブキは言っているが、別の答弁機会には以下のようにも言っている。

More
[PR]
by Aayumi23 | 2006-11-23 19:28 | 教育基本法
安倍総理、日本はあなたのものではない。当たり前だけど。
こんな事書きたくなったのは、以下の記事を見て誰かが言ってやらんとほんとにわかってないのじゃないかと心配になったから。
asahi.comから。

<引用開始>
参院本会議が17日午前開かれ、安倍政権が最重要課題と位置づける教育基本法改正案について、民主、共産、社民、国民新の野党4党が欠席のまま趣旨説明と質疑が行われ、教育基本法特別委員会の設置が決まった。与党は単独でも21日に特別委での審議を始める構えだ。

 本会議で安倍首相は「愛国心」について「我が国と郷土を愛する心と態度は一体のものとして養われるものだ」と指摘。改正案について「私の新たな国づくりの基礎をなすものであり、広く深い議論をいただき速やかな成立をお願いしたい」と訴えた。
<引用終わり>

一体いつ、どこの誰が安倍に「安倍晋三の新しい国づくり」など委託したのか?正気か?と思ったので、一応参議院インターネット審議中継で確認した。まあさほど強い調子ではないが、確かに言っている。ぽろっと独裁者になりたい本音が出たんだろうが、余りにもふざけすぎている。この人、シミュレーションゲームにハマってるようなつもりで総理の座に座ってるんじゃあるまいか。

追記

ですぺらさんで超ケッサクな記事を見つけた。笑いは元気の素!ぜひお読みください。
[PR]
by Aayumi23 | 2006-11-18 18:32 | 教育基本法
英語に堪能な友人が教えてくれた。「自由民主党」を英語に訳すと「Liberal Democratic Party」となるのだそうだ!!!・・・なんか知らんが、あっけにとられた。

憲法を担保する準憲法とも呼ぶべき教育基本法を、「民主主義→全体主義」に、趣旨の理解も国民にさせないうちに変えるようなことをしておいて、何がリベラル、何がデモクラシーだ!

日本語で呼ぶと、も~クチにタコができてるのでイチイチ意味まで考えないが、英語で言うとかえって意味がピンときたりする。

この政党の名称そのものが、「詐欺」である。

それからいつも気になることだが、教育基本法改正について、「多数決で通ったんだから民主主義のルールには従わなきゃ。」という反応がある。与党議員の多くもこの誤解を共有しているようですらある。
しかし民主主義は決して「多数派独裁」ではない。しかも今回、政府与党が議会で絶対多数を占めているのは、教育基本法という準憲法的な重要な法律を改正するについて民意を問うた結果ではない。もしこのような「形式的多数」が少数者の服従を「強行採決」で強要することを許すなら、それは「民主主義」とは呼ばない。「全体主義」と呼ぶのだ。

あなたはそうと知らずに「全体主義」を選択した(させられた)のかもしれない。
知ってからもなお、選択し続けますか?
[PR]
by Aayumi23 | 2006-11-18 11:53 | 教育基本法
しばらくフィールドの活動に没頭していて、ブログの更新が飛んでいたのだが、その間に衆院の本会議で強行採決されてしまった。仕事も山のようにたまってしまい、税金で大々的にノーノーとやってるやつらにはハンデを感じざるを得ない。でも、絶対にあきらめない!やれることはすべてやるつもりです。

ビデオプレスTVさんで、「84歳・益永スミコさんの訴え(2分50秒)2006/11/7up」を拝見させていただいた。

涙が止まらなくなった。
益永さんは84歳。大分から教育基本法改悪反対の国会前集会に参加するために、わざわざ上京された様子。そこでインタビューに答えていらっしゃる様子に後光がさしていた。

More
[PR]
by Aayumi23 | 2006-11-17 18:45 | 教育基本法

教育基本法危うし!

忙しいなんて言ってられない!
メロディさんのところでいよいよ教育基本法が危ないことを知りました。

教育基本法とは何か、教育基本法が改悪されたらどうなるかを、岩波ブックレット「教育基本法「改正」―私たちは何を選択するのか―」から抜粋でご紹介します。

More
[PR]
by Aayumi23 | 2006-11-10 18:16 | 教育基本法

やらせ

もうたくさんの方がお書きになっているので今更と思ったが、やっぱり書いておく事にする。例のタウンミーティングでのやらせのことである。

あきれた、とか情けない、とかありきたりの形容詞をいくら並べても足りない。
どなたかも書いていらしたが、「薄気味悪い」、これだ。

考えてもみてください。

いやしくも民主主義国家の政府が、低俗テレビ番組のディレクターのようにデキの悪い台本を書き、政府与党が後押しする法律改正案に「賛成」の世論をでっち上げたのである。
ご丁寧に、「自分の言葉で」、とか「棒読みにならないように」、なんて注文までつけて。

やらせFAX全文は、保坂議員のブログで読めます。

保坂議員も報告してくださっているように、やらせの事実は国会で内閣府自らが認めたことだ。疑いとか臭いとかそんな話ではないのだ。

この国の政府は、ここまで劣化した。

もしも子どもに「規範意識」の欠如があるとしたら、元凶は他でもない、政府与党自身である。それをこれ以上ないぐらい、分かりやすく証明してくれたことに感謝すべきなのかもしれない。


さて、そこで行動です。
これ以上任せておいていいのかしら、と心配になった方、小さな行動を共にしませんか?行動の方法をたくさん調べてくださってるところがありますので、どうぞそちらへ!
(メロディさん、本当に感謝です、ありがとうございます。)
[PR]
by Aayumi23 | 2006-11-05 21:51 | 教育基本法

と、と、となりぐみ

保坂展人さんのブログを拝見して、「やっぱり!」とか「うそっ!」とか矛盾した叫びをあげてしまった。

要するに、教育基本法「改正」案の中で、政府与党はあの戦前の「隣組」の復活まで想定しているってことだ。

More
[PR]
by Aayumi23 | 2006-11-02 18:27 | 教育基本法
かなり前だが、近所のお母さんたちと一緒に「教育基本法」を読んでみたことがある。

もう慣れたけど、「教育基本法を読んでみない?」と誘うと、大体「あんた共産党?」なんて聞かれて、相手の頭の中でアラームが鳴ってるのがこっちにまで聞こえてきたりする(後半ウソ)。

More
[PR]
by Aayumi23 | 2006-10-28 11:54 | 教育基本法

ここはジャングルなの?

教育に市場原理を導入するのだそうだ。
「導入する」と言えば、今まで全然なかったみたいだけど、「市場原理」といえばつまり「競争原理」じゃないの?競争だったら、今までも散々させられてきたよねえ。きっと、もっともっと「競争原理」一本やりにするってことなんだろう。

More
[PR]
by Aayumi23 | 2006-10-25 18:46 | 教育基本法