近代史に興味を持ったことから、戦前と戦後の連続性に気づきました。歴史は繰り返す。教育基本法は不当に奪われましたが、決してあきらめません!


by Aayumi23
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2006年 11月 18日 ( 2 )

安倍総理、日本はあなたのものではない。当たり前だけど。
こんな事書きたくなったのは、以下の記事を見て誰かが言ってやらんとほんとにわかってないのじゃないかと心配になったから。
asahi.comから。

<引用開始>
参院本会議が17日午前開かれ、安倍政権が最重要課題と位置づける教育基本法改正案について、民主、共産、社民、国民新の野党4党が欠席のまま趣旨説明と質疑が行われ、教育基本法特別委員会の設置が決まった。与党は単独でも21日に特別委での審議を始める構えだ。

 本会議で安倍首相は「愛国心」について「我が国と郷土を愛する心と態度は一体のものとして養われるものだ」と指摘。改正案について「私の新たな国づくりの基礎をなすものであり、広く深い議論をいただき速やかな成立をお願いしたい」と訴えた。
<引用終わり>

一体いつ、どこの誰が安倍に「安倍晋三の新しい国づくり」など委託したのか?正気か?と思ったので、一応参議院インターネット審議中継で確認した。まあさほど強い調子ではないが、確かに言っている。ぽろっと独裁者になりたい本音が出たんだろうが、余りにもふざけすぎている。この人、シミュレーションゲームにハマってるようなつもりで総理の座に座ってるんじゃあるまいか。

追記

ですぺらさんで超ケッサクな記事を見つけた。笑いは元気の素!ぜひお読みください。
[PR]
by Aayumi23 | 2006-11-18 18:32 | 教育基本法
英語に堪能な友人が教えてくれた。「自由民主党」を英語に訳すと「Liberal Democratic Party」となるのだそうだ!!!・・・なんか知らんが、あっけにとられた。

憲法を担保する準憲法とも呼ぶべき教育基本法を、「民主主義→全体主義」に、趣旨の理解も国民にさせないうちに変えるようなことをしておいて、何がリベラル、何がデモクラシーだ!

日本語で呼ぶと、も~クチにタコができてるのでイチイチ意味まで考えないが、英語で言うとかえって意味がピンときたりする。

この政党の名称そのものが、「詐欺」である。

それからいつも気になることだが、教育基本法改正について、「多数決で通ったんだから民主主義のルールには従わなきゃ。」という反応がある。与党議員の多くもこの誤解を共有しているようですらある。
しかし民主主義は決して「多数派独裁」ではない。しかも今回、政府与党が議会で絶対多数を占めているのは、教育基本法という準憲法的な重要な法律を改正するについて民意を問うた結果ではない。もしこのような「形式的多数」が少数者の服従を「強行採決」で強要することを許すなら、それは「民主主義」とは呼ばない。「全体主義」と呼ぶのだ。

あなたはそうと知らずに「全体主義」を選択した(させられた)のかもしれない。
知ってからもなお、選択し続けますか?
[PR]
by Aayumi23 | 2006-11-18 11:53 | 教育基本法