近代史に興味を持ったことから、戦前と戦後の連続性に気づきました。歴史は繰り返す。教育基本法は不当に奪われましたが、決してあきらめません!


by Aayumi23
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

84歳・益永スミコさんに脱帽

しばらくフィールドの活動に没頭していて、ブログの更新が飛んでいたのだが、その間に衆院の本会議で強行採決されてしまった。仕事も山のようにたまってしまい、税金で大々的にノーノーとやってるやつらにはハンデを感じざるを得ない。でも、絶対にあきらめない!やれることはすべてやるつもりです。

ビデオプレスTVさんで、「84歳・益永スミコさんの訴え(2分50秒)2006/11/7up」を拝見させていただいた。

涙が止まらなくなった。
益永さんは84歳。大分から教育基本法改悪反対の国会前集会に参加するために、わざわざ上京された様子。そこでインタビューに答えていらっしゃる様子に後光がさしていた。




「絶対に教育基本法は変えてはならない。絶対変えたらいけません。人を殺す昔の教育勅語、人に従う教育勅語には私は絶対に従いません。力の強い人、天皇はじめいろんな人に私たちは常に従ってきましたが、もう人間が人間に従うことはやめます。あたしら、お互いに手をつないで話し合って仲良くして、支配しない、支配されない環境をつくりたいと思います。教育基本法を変えられたら憲法全体をひっくり返される。教育の中でひっくり返されるわけですから、そんなことは絶対許せません。」

益永さんは、ここに聞き取った言葉の前に、ご自分の戦中の体験、戦後の帰還兵士への聞き取りの模様をごく簡単にではあるが、語っておられる。何がこの人をこのように強くしたのだろうか。84歳とはとても思えないりんとしたご様子に心から脱帽した。

それから同じURLのほかのビデオも見せていただいた。
飛び入りでパフォーマンスを演じる人、実に楽しそうにシュプレヒコールを叫ぶ女の子。

私は彼らを見て、心から誇りを感じる。私も国会前には行けないが、恥じない行動をしようと思う。

歴史を偽り、過去の悪事を隠蔽しし、教育を調教と呼ぶような貧しい人間観を振り回す人々の言う「誇り」。
どこかの超大国に、国民丸ごと売り渡すような人間が他者に強要する「愛国心」。

そんなもの、ちょっと遅すぎたがこの際、ドブに叩き込んでしまおう!
[PR]
by Aayumi23 | 2006-11-17 18:45 | 教育基本法