近代史に興味を持ったことから、戦前と戦後の連続性に気づきました。歴史は繰り返す。教育基本法は不当に奪われましたが、決してあきらめません!


by Aayumi23
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

やらせ

もうたくさんの方がお書きになっているので今更と思ったが、やっぱり書いておく事にする。例のタウンミーティングでのやらせのことである。

あきれた、とか情けない、とかありきたりの形容詞をいくら並べても足りない。
どなたかも書いていらしたが、「薄気味悪い」、これだ。

考えてもみてください。

いやしくも民主主義国家の政府が、低俗テレビ番組のディレクターのようにデキの悪い台本を書き、政府与党が後押しする法律改正案に「賛成」の世論をでっち上げたのである。
ご丁寧に、「自分の言葉で」、とか「棒読みにならないように」、なんて注文までつけて。

やらせFAX全文は、保坂議員のブログで読めます。

保坂議員も報告してくださっているように、やらせの事実は国会で内閣府自らが認めたことだ。疑いとか臭いとかそんな話ではないのだ。

この国の政府は、ここまで劣化した。

もしも子どもに「規範意識」の欠如があるとしたら、元凶は他でもない、政府与党自身である。それをこれ以上ないぐらい、分かりやすく証明してくれたことに感謝すべきなのかもしれない。


さて、そこで行動です。
これ以上任せておいていいのかしら、と心配になった方、小さな行動を共にしませんか?行動の方法をたくさん調べてくださってるところがありますので、どうぞそちらへ!
(メロディさん、本当に感謝です、ありがとうございます。)
[PR]
by Aayumi23 | 2006-11-05 21:51 | 教育基本法